後宮デイズ~七星国物語~(9)(プリンセス・コミックス)

3.75
  • (3)
  • (12)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 66
レビュー : 7
著者 :
うらこさん プリンセスコミックス   読み終わった 

流星と黄道の秘密を知る翡翠を殺めようとする棕櫚。棕櫚の過去話を見るとものすごい忠誠心だと思うけど、かなり恐かったです。

武曲との戦いは、当初の予想通り柘榴が寝返って、それまでの苦戦を覆して流星側の勝利。戦局は有利になりましたけど、いっそう気になったのは翡翠の兄の琥珀が流星と黄道のどちらかってところ。

痣が決め手になるなら流星=琥珀ではなく、黄道=琥珀なのかなぁ。だったら、翡翠と流星は血のつながりがないし、黄道を殺そうとするのも分かる感じがします。

次巻気になる。

レビュー投稿日
2015年6月3日
読了日
2015年6月3日
本棚登録日
2015年6月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『後宮デイズ~七星国物語~(9)(プリンセ...』のレビューをもっとみる

『後宮デイズ~七星国物語~(9)(プリンセス・コミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『後宮デイズ~七星国物語~(9)(プリンセス・コミックス)』にうらこさんがつけたタグ

ツイートする