力士の世界 (角川ソフィア文庫)

  • KADOKAWA/角川学芸出版 (2015年11月25日発売)
3.40
  • (2)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 38
感想 : 4
4

親が相撲好きということもあって一度読んでみようと手に取りました。

行司にもランクがあって最高位の立行司には木村庄之助と式守伊之助がいること、装束も違うことなんかも初めて知った。相撲を見る視点が増えて楽しくなった。

十両になって一人前、その前は付け人で給料もなく力士養成員という立場らしい。関取と呼ばれるのも十両から。十両になることは嬉しいことなんだろうなぁ。

出産の入院中に読んでいたら、看護師さんに小平の熊野宮で行われる赤ちゃんの「泣き相撲」を紹介された。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: エッセイ
感想投稿日 : 2018年12月13日
読了日 : 2017年4月3日
本棚登録日 : 2018年4月26日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする