『坊っちゃん』の時代(第3部) 【啄木日録】 かの蒼空に ―凛烈たり近代なお生彩あり明治人 アクションコミックス

  • 双葉社 (1992年1月1日発売)
3.70
  • (18)
  • (19)
  • (29)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 169
感想 : 23

たぶん一番正確な啄木像だろうと思う。
気が弱くてだらしがなく、周りの人間を裏切りながら逃げて、逃げた果てに辿り着いた東京。そこで過ごした1年数ヶ月の放浪時代を中心に描いている漫画だ。
自分と重ね合わせざるを得ないような啄木の姿が、読み返す度に心を揺さ振る。名作中の名作。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 漫画
感想投稿日 : 2012年9月17日
読了日 : 2012年9月17日
本棚登録日 : 2012年9月17日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする