断片 1926-1932

著者 :
  • 共和国 (2020年1月13日発売)
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 1
4

ナイフのような言葉の断片たち。序詩から、いきなり刺されてしまった。
「無言が胸の中を唸っている 
 行為で語れないならばその胸が張り裂けても黙ってゐろ
 腐った勝利に鼻はまがる」

読書状況:積読 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2024年4月13日
本棚登録日 : 2024年3月30日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする