BLOODY MONDAY 11 (少年マガジンコミックス)

3.77
  • (27)
  • (33)
  • (45)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 434
レビュー : 23
著者 :
制作 : 龍門 諒 
薄螺羽蜻蛉さん 少年コミック   読み終わった 

遥は何度さらわれれば気が済むんだ。( ´∀`)
病気持ちで透析が必要って設定からして「ああ誘拐されるんだね、よしよし」とは思ったが、ここまで何度も何度も誘拐されるとは想定外。
本当に、サードアイの無能ぶりがとっても素敵です。高い洞察力と推理力を磨いてきた主人公も、妹のことはどうでもいいようで。 (;´`)
ホント、シナリオのためには登場人物が有能にも無能にもなるご都合シナリオ過ぎて困る。
演出、台本として面白ければまあいいんだけど…あざとすぎるとやっぱり鼻につくよね。
最後の最後まで残された「動機」の解説だけを楽しみに読み進めてきたのに、結局闇の中かよ。あえて言おう、卑怯だな。
それにしても、最後の衛星ジャックは読めてたって人、多そうだね。ロシア国内では爆発しないっつー設定が出たときからその発想はみんな持ってたと思うけど、
主人公が気付くのは最後の最後、しかも敵に教えられるとか…本当に首尾一貫して都合の良いときだけ鋭くなり、都合の悪いときには鈍くなるご都合主人公でした。
まあ、過程が面白かったからオッケイ。尻窄み感はぬぐえないがなー。 (;´д`)
ただ、読後感はそう悪くなかった。続編があることもプラスになってる。

レビュー投稿日
2013年2月7日
読了日
2013年2月7日
本棚登録日
2013年2月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『BLOODY MONDAY 11 (少年...』のレビューをもっとみる

『BLOODY MONDAY 11 (少年マガジンコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『BLOODY MONDAY 11 (少年マガジンコミックス)』に薄螺羽蜻蛉さんがつけたタグ

ツイートする