黒執事 7 (Gファンタジーコミックス)

3.94
  • (239)
  • (206)
  • (255)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 3200
レビュー : 88
著者 :
彩波(いろは)さん コミックス(その他)   読み終わった 

 女王陛下からの命令で、サーカスに潜入することになったシエルとセバスチャン。
 サーカス団が行った街で、次から次へと子供たちが行方不明になっている、という事件の真相を明らかにするために、サーカス団を調べることになったのだ。

 シエルの満開の笑顔が何回も出てくる、シエル派には大満足の巻になっているんだろうなあ……いや、私はしかめ面も好きですけど。

 そんな訳で、真相に辿りついたシエルとセバスチャンだったけれど、今度は自らの屋敷が襲われることになる。
 けれど、そこにいるファントムハイヴ家の使用人がただの使用人であるはずはない……ってところで終わりました。

 ここから先、また裏が見えるのか、と思うと楽しくもあります。
 どこまで裏があるのか、楽しんで読みます。

レビュー投稿日
2018年2月10日
読了日
2018年2月10日
本棚登録日
2018年2月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『黒執事 7 (Gファンタジーコミックス)』のレビューをもっとみる

『黒執事 7 (Gファンタジーコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『黒執事 7 (Gファンタジーコミックス)』に彩波(いろは)さんがつけたタグ

ツイートする