“文学少女”見習いの、初戀。 (ファミ通文庫)

3.92
  • (130)
  • (163)
  • (144)
  • (12)
  • (0)
本棚登録 : 1405
レビュー : 89
著者 :
制作 : 竹岡 美穂 
絢李さん  小説(青春・YA)   読み終わった 

“文学少女”シリーズはあまり詳しくないのですが……。近松門左衛門の『曽根崎心中』を巡る悲しい恋のお話。〈心中〉という恋の形、その強い魅力を認めた上で、けして自殺行為を認めるわけでないという、作品の立ち位置に好感が持てる。『“文学少女”と死にたがりの道化』と、〈対〉を意識した感じ?

レビュー投稿日
2011年12月3日
読了日
2010年7月31日
本棚登録日
2010年7月31日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『“文学少女”見習いの、初戀。 (ファミ通...』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする