妖怪のお医者さん(5) (講談社コミックス)

3.41
  • (5)
  • (7)
  • (29)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 150
レビュー : 10
著者 :
huzisakiさん 少年コミック   読み終わった 

本物の妖怪が出るお化け屋敷ってなんやねーん!(どーん)人間そっくりに化けられる妖怪は力が強いってことは、今まで出てきた方たちってほとんど人間の姿ですよね。つーことは皆力が強いってこと?でしょうか。それとも元々人間ぽい形をした妖怪たちなのでしょうか。姑獲鳥での黒朗はかなり鬼?の力を前面に出していますが、普通の人間より体がかなり丈夫であり、傷の治りも早いのはその力が理由なのでしょうか。濡れ女の血を分かつから蛇のようになるのかとちょっと思っていたのですが、鬼の方に行くんですね。まだ謎がありそうです。あと黒朗の手がルフィに!!!五行というか、こういうそれぞれが属性を持つ力ってどうしてもH×Hを彷彿とするんですよね。NARUTOも最近そうだし。どうしてこっちに持っていっちゃうんだろうなぁ……。かなぁり話が飛躍している気がする。そもそも未だに浦上ちゃんが黒朗たちに付き合ってる理由ってなんだろうと思ってたけど、そういう理由ですか……。

レビュー投稿日
2008年2月15日
読了日
2008年2月15日
本棚登録日
2008年2月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『妖怪のお医者さん(5) (講談社コミック...』のレビューをもっとみる

『妖怪のお医者さん(5) (講談社コミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする