妖怪のお医者さん 7 (少年マガジンコミックス)

著者 :
  • 講談社 (2008年6月17日発売)
3.44
  • (4)
  • (8)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 143
感想 : 10
3

色々新キャラ登場。クロの師匠とか。門番の隣にいた、変なじいさんって、結局何??そしてただの吸血鬼ではなかった例のアレ。吸血鬼だから、仲間を増やせるのかなーとうっすら思っていたのですが、そのような展開に……??ちょっとまだ分かりません。また、今更だけどどうして琴子はさらわれたのか。陰陽師としての力が関係あるのか。前巻までの話をちょっと忘れかけなので、微妙に分かりませんが。あと、天邪鬼は腹を刺されたのに、治るの早すぎでしょ(苦笑)楠石の活躍がまったくないと思っていたけれど、彼はどうやら裏の顔として活躍しそうですね。最終的に、完全にクロの味方とはいえなくなるかも。最後月島君が活躍してましたが、動かしたり相手を騙したりできるくらい精密な自分の分身を作れるって凄いかも。一番便利な能力ではないでしょうか。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 少年コミック
感想投稿日 : 2008年6月17日
読了日 : 2008年6月17日
本棚登録日 : 2008年6月17日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする