原獣文書 (8) (ウィングス・コミックス)

3.64
  • (34)
  • (31)
  • (86)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 274
レビュー : 27
空木花さん  未設定  未設定

戦争、大規模な地殻変動で人々の版図が最盛期の半分以下になってしまった遥か未来の世界。

新大陸調査団として未開の大陸に渡ったレイジーン博士と調査団のSP班の班長、村上静馬。
ぼや〜んとして危険に飛び込むような博士にいつも堪忍袋の緒が切れそうな村上だったが、ある日、博士が大陸人の少年から渡された「運命の石」が二人を夫婦と定めてしまう。
何故、両性具有である大陸人にしか効果の無いはずの「運命の石」が二人の雌雄を決めたのか?
そして博士と同じ顔をし、大陸人を次々と狩る魔人ゼーンは博士に言った「生きていたか、3人目!」と。

様々な謎が交錯する新大陸で、博士は自分の出生の秘密と新大陸の秘密に辿りついて行く。

8巻ではかなり謎の真相に迫ってきて、新大陸の女王モールドレに会う一歩手前まで来ました・・長い道のりです。
自分としてはゼーンとアルビレオが幸せになってくれたらいい・・だからお願いです。完結してください。


なるしまさんのストーリーは奥が深くて引き込まれます

レビュー投稿日
2009年8月3日
本棚登録日
2009年8月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『原獣文書 (8) (ウィングス・コミック...』のレビューをもっとみる

『原獣文書 (8) (ウィングス・コミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする