王国―その1 アンドロメダ・ハイツ―

3.68
  • (189)
  • (201)
  • (406)
  • (14)
  • (4)
本棚登録 : 1383
レビュー : 202
はっとり ふみたかさん 【 読書2012☞400books 】   読み終わった 

ばななさんの小説を読むのは
たいへんお久しぶりのことです。

ぼくは日本の作家さんだと、
だいたい村上春樹さんか
よしもとばななさんしか
手に取らないのですが、
このお二方はほんとうに、
普段なんとなく漠然と感じている事を
巧みに文章で表現してくださいます。

ばななさんの良さは、
ほんとうに読んでいるだけで
胸のつっかえが取れるというか、
ただただ癒されます。


何でもない言葉の羅列が
こんなにも力を持ち得るなんて
ほんとうに魔法のようです。


特にこの王国シリーズは
ぼくにとって大切な物語で、
もっと若く、もっと生き苦しかった頃に
随分と救われたことをよく思い出します。


最近はそんな自分の足取りを
振り返るように、大切な気持ちを
思い出すように、昔読んだ本を
あの頃の気持ちと重ね合わせながら
読み進めています。


そういえば、この再読までの間に
ぼくもこの本の主人公と同じ様に
山から街へと引っ越しました。

改めて読んでいて、そんなことも
ふと思い出し、緑の濃厚な匂いや
透き通った空気が胸を満たす感覚が
ブワっと蘇ってきて、ぐーっと
胸が苦しくなりました。


いいですね読書って。



それにしてもこの本を手にしていると…

どうしてこんなにも
自然が恋しくなるのだろう…

どうしてこんなにも
日常が愛おしくなるのだろう…



読むのにかかった時間:2時間

こんな方にオススメ:人付き合いが苦手で、自然が好きな人

レビュー投稿日
2012年2月1日
読了日
2012年2月1日
本棚登録日
2012年2月1日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『王国―その1 アンドロメダ・ハイツ―』のレビューをもっとみる

『王国―その1 アンドロメダ・ハイツ―』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『王国―その1 アンドロメダ・ハイツ―』にはっとり ふみたかさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする