生物の世界 (講談社文庫 い 26-1)

著者 :
  • 講談社 (1972年1月15日発売)
3.74
  • (9)
  • (9)
  • (9)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 223
感想 : 12
5

機械論的ダーウィン進化論に対して新たな視角を提供した著者の論理展開は、読んでいて非常に良い頭の体操となるものであった。同時に、人間の審美眼をくすぐるような蝶の美しさや貝殻の模様の微細さ等、目的論的に捉えないで自然淘汰の論法に一辺倒した場合には、ナンセンスとなりうる事象が、今日の自然科学では垣間見ることができるのも事実だと感じた。
社会科学に携わることが今後多いだろうと思われる自分にとって、構造的解釈に囚われすぎずに目的論的解釈の意義を見直す余地が生まれたことは大きな収穫であったと言ってよいだろう。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2012年12月12日
本棚登録日 : 2012年12月12日

みんなの感想をみる

ツイートする