信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~(3)(ヤングチャンピオン・コミックス)

3.56
  • (2)
  • (8)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 77
レビュー : 2
ヴァッホイさん 漫画   読み終わった 

面白い。いよいよ秀吉の化けの皮が…。細川藤孝の顔が怖いな(笑)。他の家臣はそうでもないのに、秀吉と藤孝は光秀に対して…となってしまうのは不運としか思えない。さすがの信長もそこまで気が回らなかったのだろうか(本書のストーリー)。
度々述べられている通り、歴史は勝者によって都合の良いように解釈される。「敵は本能寺にあり」は江戸時代に書かれた「明智軍記」が創作したもの、光秀が信長を恨んで殺したという話は、秀吉が家臣に書かせた本によるもの。真実は…。
三木の干殺し、荒木村重の謀反、徳川信康自刃…。様々な記録と独自の観点から、新たな解釈、歴史研究がなされていて楽しい。次巻も期待したい!

レビュー投稿日
2019年9月4日
読了日
2019年9月3日
本棚登録日
2019年9月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『信長を殺した男~本能寺の変431年目の真...』のレビューをもっとみる

明智憲三郎の作品一覧

明智憲三郎の作品ランキング・新刊情報

ツイートする