知の逆転 (NHK出版新書)

3.84
  • (290)
  • (537)
  • (334)
  • (51)
  • (16)
本棚登録 : 4117
レビュー : 471
valleysideさん 本を楽しむ   読み終わった 

この本は何といっても、インタビュアーの事前調査が素晴らしいと思う。宗教・教育に突っ込んでいくあたりが特に。世界一級の学者と言われる人達へのインタビューだけに、世の中の行き詰まりに対する洞察と限界、将来の中に教育や宗教への糸口を引き出そうとしていたのかな?と個人的には思った。


ジャレド・ダイアモンド、ノーム・チョムスキーともに、歴史やデータを基にした社会的な洞察があって、刺激を受ける。

ダイヤモンドは、イースター島の森林伐採で滅んだ説を出しつつ、日本の海外における森林伐採や漁業に関する保護へのリーダーシップの欠如の指摘などなど。

チョムスキーは、アメリカの軍事費と中国の軍事費の圧倒的な差や歴史家たちが危惧しているのが、黄海での衝突であったり、中国国内での労働争議が南北にわたって起きていることと、一人っ子政策による労働人口のリスク、そして、アメリカの核抑止論が核支配だという指摘。日本で騒いでる法案の元になってるのって、ここら辺の背景があってのことなんだと。

人工知能の父と呼ばれる認知科学者のマービン・ミンスキーは、問いかけが感慨深い。
「なぜ、ドアを開けるというような、もっと現実的な問題解決型のロボットを作ろうとしないのか」
「もっと一般的な知能を備えたマシーン、あるいは人間の子供たちができるようなことができて、そこからさらに育っていくことのできるマシーンを作るというような研究をしている人がとても少ない」

トム・レイトンは、アカマイの創業者。実は10年ほど前にアカマイの研修に出たことがあって、サービスの技術的なところは知っていたのだが、創業者が数学者で、資金提供を受けて創業する当たりの話はやっぱり面白い。この本では直接的には触れられていないけど、当時はラスト1マイルを獲ることを重視していたと思うし、今はもっとすごいんだろうなと思う。そして、知る人ぞ知る影の会社なんだよね。会社自体に惹かれるものがある。なぜ彼を選んだのか?は特に気になるところ。

ジェームズ・ワトソンは、「二重らせん」の著者であり、DNAの父ともいわれる人なのだが、ちょっと調べると、微妙な記述もあったりするのだが、本の中ではインタビューで聞いちゃっているあたりが凄い。「二重らせん」を読んでないので、時間を作って読んでみたい。

レビュー投稿日
2015年9月23日
読了日
2015年9月23日
本棚登録日
2015年9月4日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『知の逆転 (NHK出版新書)』のレビューをもっとみる

『知の逆転 (NHK出版新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ジャレド・ダイアモンドの作品一覧

ジャレド・ダイアモンドの作品ランキング・新刊情報

ツイートする