妻敵の槍 無茶の勘兵衛日月録15 (二見時代小説文庫)

著者 :
  • 二見書房 (2013年2月26日発売)
3.80
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 3
4

陰謀を阻止し大野藩から江戸に戻ってきた勘兵衛は事後処理の最中に妻敵討ちの親子と出会う。この巻は今までのような余計な蘊蓄も脱線もなく読みやすい展開です。メインは妻敵討ちに助勢する話で勘兵衛や仲間たちの動きも良くて、小ぢんまりとまとまりまずまず面白い。江戸時代初期の江戸の生活を楽しむような雰囲気も所々にあり知己が助力してくれたり、新婚のほんわかムードも良い感じである。一方で毒の話もまだまだ続いていてこちらは先が長そうだが収拾はつくのか不安も。次巻では無茶勘らしい大きな動きがありそうな雰囲気。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 時代歴史小説
感想投稿日 : 2013年9月15日
読了日 : 2013年4月25日
本棚登録日 : 2013年9月15日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする