ニシノユキヒコの恋と冒険 (新潮文庫)

3.52
  • (274)
  • (494)
  • (790)
  • (105)
  • (29)
本棚登録 : 3912
レビュー : 589
著者 :
veneziaさん ☆日本文学   読み終わった 

川上弘美さんが描く純リアリズムの恋愛小説。年齢も様々な10人の女性たちが語るニシノユキヒコの物語。恋の相手に恵まれるニシノだけれど、それらはけっして長続きしない。それはそうだろう。「2人は末永く幸せに暮らしました」では恋愛文学にはならない。忍ぶ恋、禁断の恋、破滅的な恋こそが恋愛小説の王道だ。だから、この物語にはいつも別れが待っている。女たちは本質的な孤独がニシノに内在することに気づいてしまうから。その上に彼は絶対に叶うことのない、姉への恋愛感情までを秘めているのだから。寂しい、そして寂しさが似合う小説だ。

レビュー投稿日
2014年2月26日
読了日
2014年2月25日
本棚登録日
2014年2月26日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ニシノユキヒコの恋と冒険 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『ニシノユキヒコの恋と冒険 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ニシノユキヒコの恋と冒険 (新潮文庫)』にveneziaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする