なんくるなく、ない―沖縄(ちょっとだけ奄美)旅の日記ほか (新潮文庫)

3.27
  • (15)
  • (41)
  • (88)
  • (13)
  • (7)
本棚登録 : 397
レビュー : 53
veneziaさん ☆紀行・文化/日本   読み終わった 

よしもとばななの沖縄紀行。宮沢賢治の描く北の自然はリンとして美しいが、それは時として厳しく人間と対立したりもする。一方、ここに描かれるような南の自然は人間をすっぽりとその懐に抱きかかえる。沖縄の光と温度と、独特のけだるさを伝える感性あふれた紀行だ。

レビュー投稿日
2013年9月23日
読了日
2012年3月25日
本棚登録日
2013年9月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『なんくるなく、ない―沖縄(ちょっとだけ奄...』のレビューをもっとみる

『なんくるなく、ない―沖縄(ちょっとだけ奄美)旅の日記ほか (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『なんくるなく、ない―沖縄(ちょっとだけ奄美)旅の日記ほか (新潮文庫)』にveneziaさんがつけたタグ

ツイートする