ティンブクトゥ (新潮文庫)

3.61
  • (18)
  • (48)
  • (44)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 475
レビュー : 56
制作 : Paul Auster  柴田 元幸 
veneziaさん ☆アメリカ文学   読み終わった 

これはティンブクトゥ(西アフリカ・マリの交易都市)を舞台にした物語か、あるいはその地に向かう旅を題材にした物語だとばかり思って購入。実際は、まったく期待を裏切られたのだが。ただし、その期待の裏切られ方は、けっして悪いものではなかった。これは、犬の視点から語られるアメリカ版"I am a dog."の物語なのだが、全編を通して独特の哀しみがつきまとう。彼は言う。「求められていると感じられるだけでは犬の幸福は成り立たない。自分は欠かせないという気持ちが必要なのだ」と。遥かな地ティンブクトゥに行けたと信じたい。

レビュー投稿日
2013年9月25日
読了日
2012年10月9日
本棚登録日
2013年9月25日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ティンブクトゥ (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『ティンブクトゥ (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ティンブクトゥ (新潮文庫)』にveneziaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする