レオナルド・ダ・ヴィンチと受胎告知 (平凡社ライブラリー)

3.80
  • (4)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 4
veneziaさん ☆美術   読み終わった 

前半では神学、美術史などの観点から「受胎告知」の意味を探究する。そして、後半はいよいよレオナルドの『受胎告知』が俎上に乗せられ、様々な角度からの検証が加えられてゆく。レオナルドの主要な特質は以下の3点。①天上と地上という縦の軸線がない②線遠近法が強調されない③デッサンの微妙な狂いをはじめ、わからないものが描かれている―著者がこれらの問題点を克明に、しかも鮮やかに解き明かしてゆく手腕は実に見事だ。数ある『受胎告知』の中でもひときわ燦然と光る(私見ではNo.1)レオナルドのそれは20歳の時の作品なのだ。

レビュー投稿日
2013年9月26日
読了日
2013年4月30日
本棚登録日
2013年9月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『レオナルド・ダ・ヴィンチと受胎告知 (平...』のレビューをもっとみる

『レオナルド・ダ・ヴィンチと受胎告知 (平凡社ライブラリー)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする