生きて帰ってきた男――ある日本兵の戦争と戦後 (岩波新書)

4.38
  • (88)
  • (53)
  • (19)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 614
レビュー : 85
著者 :
Verfassungslehreさん 日本史   読み終わった 

2015年8月1日、図書館から借り出し。8月16日読了。実質2日間で読み切った。小熊氏の日本語は読みやすいので、頭に入りやすくて助かる。内容的には、父謙二氏の個人史に、当時の生活史と客観的な社会情勢を加えた、新しいタイプのオーラル・ヒストリーといえる。私を含めて敗戦後第一世代が怠ってきた戦争体験を次代に伝えるという作業を、この新書本一冊で果たしている。しかも高学歴中産階級の手による戦争経験が多かったのに対し、これは都市下層階級の、むしろ平凡な市民の個人史を中軸に据えているところが、内容的な迫力を増している気がする。右傾化が進みこの国では、この本が大々的に読まれることは期待しがたいが、着々と戦争準備が進むいま、歴史修正主義に疑問を感じている若い人たちに読んでもらいたい好著。

レビュー投稿日
2015年8月7日
読了日
2015年8月16日
本棚登録日
2015年6月23日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『生きて帰ってきた男――ある日本兵の戦争と...』のレビューをもっとみる

『生きて帰ってきた男――ある日本兵の戦争と戦後 (岩波新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『生きて帰ってきた男――ある日本兵の戦争と戦後 (岩波新書)』にVerfassungslehreさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする