帰還―ゲド戦記最後の書 (ゲド戦記 (最後の書))

3.62
  • (60)
  • (57)
  • (146)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 524
レビュー : 49
あうろさん 小説   読み終わった 

ゲド戦記4、最後の書。最後じゃなかったけど。

テハヌー(テルー)の登場と、ゲドとテナーの再会。
新たな家族のかたち。

哲学、生きる上でのあり方、新たな問いを目の前に引き出してくれる。それがこれまでのゲド戦記に対する印象だった。
しかし、さすがに今回の最後のアスペンが仕掛けた一連の流れにはビビった。これ本当に児童文学?

レビュー投稿日
2010年10月3日
読了日
2010年10月3日
本棚登録日
2010年10月3日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『帰還―ゲド戦記最後の書 (ゲド戦記 (最...』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする