イン ザ・ミソスープ (幻冬舎文庫)

3.41
  • (149)
  • (282)
  • (569)
  • (71)
  • (29)
本棚登録 : 2546
レビュー : 232
著者 :
Shinさん  未設定  読み終わった 

このどろどろした世界観とグロテスクな描写は村上龍の真骨頂だと思う。
小汚い歌舞伎町。ネオンの中の風俗嬢。そして凄惨な殺害シーンはやっぱりさすがだ。
ただ本作にはアメリカ人と日本人のずれた価値観の描写が何度も出てくる。映画ロストイントランスレイションにもあったが欧米人からみる日本という国はこんなにもどこかずれた価値観を持っている国にみえるのだろうか。
また半島を出よでもあった描写だが日本人の平和ぼけは本当にヤバいんじゃないかと思う。しかしもし自分の前でこの話のような出来事が起きてしまったらおそらく自分も主人公と同じような行動をとってしまうだろうと感じてしまった。

レビュー投稿日
2013年8月22日
読了日
2013年8月22日
本棚登録日
2013年8月22日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『イン ザ・ミソスープ (幻冬舎文庫)』のレビューをもっとみる

『イン ザ・ミソスープ (幻冬舎文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする