壊れものとしての人間 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)

3.00
  • (0)
  • (0)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 4
著者 :
viatortakaさん 世界一周中に出会った本   未設定

大江健三郎の著書は2冊目。相変わらず難解だが、今回はエベレストトレッキングの際に手持ちした1冊だったので、時間をかけてじっくり読みこんだ。幾つかの理解出来たと思われる場所で、鋭い視点からの考察だと感じるところがある。気軽に読める1冊とは言わないけれど、大江氏の思考に触れたい方にはおすすめ。気に行った2か所を引用しました。

レビュー投稿日
2011年4月21日
本棚登録日
2011年4月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『壊れものとしての人間 (講談社文芸文庫―...』のレビューをもっとみる

『壊れものとしての人間 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする