どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)

3.44
  • (680)
  • (1806)
  • (2895)
  • (443)
  • (72)
本棚登録 : 15819
レビュー : 1438
著者 :
そんちゅさん  未設定  読み終わった 

加賀恭一郎の登場場面はほとんどないというのに、いや、だからこそなのか、逆に加賀恭一郎の推理が冴え、存在感があるように感じた。適度な緊張感もあって飽きることなく最後まで読めた。

レビュー投稿日
2019年1月28日
読了日
2019年1月28日
本棚登録日
2019年1月25日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする