女体についての八篇 晩菊 (中公文庫)

3.38
  • (1)
  • (5)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 159
レビュー : 9
夕日と水さん 国内小説   読み終わった 

女性(必ずしも女体ではない)への執着を主題とした太宰 治, 岡本 かの子, 谷崎 潤一郎, 有吉 佐和子, 芥川 龍之介 , 森 茉莉, 林 芙美子 石川 淳のアンソロジー短編集。
あっさりした太宰の「美少女」から執着心の塊を描く谷崎の「冨美子の足」まで多様なアンソロジーとなっている。

レビュー投稿日
2016年7月9日
読了日
2016年7月9日
本棚登録日
2016年7月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『女体についての八篇 晩菊 (中公文庫)』のレビューをもっとみる

『女体についての八篇 晩菊 (中公文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする