告白 (中公文庫)

4.24
  • (394)
  • (191)
  • (147)
  • (20)
  • (8)
本棚登録 : 2640
レビュー : 311
著者 :
wahhaさん 小説   読み終わった 

この小説を読むために数々の小説を読んできたんとちゃうか、ワレ、と思うほど、最高傑作に出会えたがな!(塩狩峠超えたな)この先読む小説、もうおもんないんちゃうやろか。河内弁のグルーブにのせて、熊太郎はあかんほうへあかんほうへ。思弁的な熊太郎の心のぐだぐだに共感し、わしもやと同化してしもて、わなないた。思弁的すぎて、うらはらな心が乱れ打ち、よくあるよなー。思いもよらん、けったいなことしでかすことあるよなー。アホと天才は紙一重。いわんや善人と悪人においてをや。人は人をなぜ殺すのか、というよりも、人はなぜ自分を殺すのかしらん。ありのままでなんて言葉がチープに感じる、一撃必殺の小説でした。

レビュー投稿日
2019年3月25日
読了日
2019年3月25日
本棚登録日
2019年3月25日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『告白 (中公文庫)』のレビューをもっとみる

『告白 (中公文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする