正面を向いた鳥の絵が描けますか? (講談社+α新書)

3.12
  • (1)
  • (5)
  • (16)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 8
著者 :
Y.Ryuoさん からだ   読み終わった 

【目的】:視覚と絵のなぞについて知りたい。<BR>
・大きさの恒常性。距離を変えても同じ大きさと判断する。<BR>
・見たいところだけを選択的に見ている。<BR>
・見やすい視点で見せるのが上手い絵<BR>
・人は顔の情報にこだわる。ポイントは目鼻口の配置。<BR>
・世界は視覚情報を脳が再構成している。<BR>
・脳は美しい形を見ようとする。<BR>
・プロトタイプに当てはめて対象を認識する。<BR>
<BR>
#ありのままを見ているつもりでも、人により見えている世界が違うこと、認知が世界を生み出していることが分かった。<BR>
#タイトルと表紙の絵に興味を持って読んでみたが、正面を向いた鳥とは、脳がつくりあげた鳥らしいイメージのことで、写実の絵では何が描かれているのか分からないということだろう。<BR>
<BR>

レビュー投稿日
2007年8月19日
読了日
2007年8月19日
本棚登録日
2007年8月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『正面を向いた鳥の絵が描けますか? (講談...』のレビューをもっとみる

『正面を向いた鳥の絵が描けますか? (講談社+α新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする