「日本人の神」入門 神道の歴史を読み解く (講談社現代新書)

3.61
  • (6)
  • (6)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 150
レビュー : 10
著者 :
Y.Ryuoさん 教養   読み終わった 

明治以前の天皇家が忌避していたように見える伊勢神宮と天照大神の性質。第二の皇祖神ともいえるようになった八幡大菩薩。出雲大社の祭神は素戔嗚尊から大国主命になった。大国主命とは。菅原道真と天神。明神、権現。神仏習合と明治以降の神仏分離。
現代的な日本の神さま観が江戸期までは全然違ったことを教えてもらった。
16-127

レビュー投稿日
2016年7月12日
読了日
2016年7月12日
本棚登録日
2016年7月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『「日本人の神」入門 神道の歴史を読み...』のレビューをもっとみる

『「日本人の神」入門 神道の歴史を読み解く (講談社現代新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする