くるみ割り人形とねずみの王様 (河出文庫―種村季弘コレクション)

3.70
  • (5)
  • (5)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 8
制作 : E.T.A Hoffmann  種村 季弘 
wakkyさん 海外小説・その他   読み終わった 

知人に借りて読んだ
バレエで有名だけど、小説が原作だとは知らなかった


内容について

短編が表題作含め3つ入っているだけど、僕が一番好きなのは2作目の見知らぬ子供だった
全編通して不思議でどこか空恐ろしいような物語だった


その他、気になった点について

色々驚いた

何より驚いたのが、なぜか語りかけられていること
これはあとがきを読むと、作者がフリッツという男の子に聞かせた物語を文章にしていたものだということが分かるのだけど、本編中では全くその理由が分からない
正直なんて不親切な読み物なんだろうと思ってしまう

話し言葉で書かれているせいなのか分からないけど、情景描写が分かりにくかったり・・・うーん、表現が自分には合わなかったということだろうか

でも、これがなぜか以上の様な気になることが、読んでいくうちに気にならなくなることが、不思議だった

こういうのが名作と呼ばれる所以なのだろうか

なんだろう、この物語たちをまだ受け止めきれていないというのが正直なところだと思う

レビュー投稿日
2010年2月15日
読了日
2010年2月15日
本棚登録日
2010年2月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『くるみ割り人形とねずみの王様 (河出文庫...』のレビューをもっとみる

『くるみ割り人形とねずみの王様 (河出文庫―種村季弘コレクション)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『くるみ割り人形とねずみの王様 (河出文庫―種村季弘コレクション)』にwakkyさんがつけたタグ

ツイートする