外科室

3.71
  • (19)
  • (18)
  • (22)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 208
レビュー : 26
著者 :
むすびさん 小説   読み終わった 

あらすじにしてみると呆気ないとさえいえるくらいのお話。その短さ、儚さの陰で鮮烈になるものが、この作品を際立たせていると思う。
乾いた静謐な舞台に思いつめた迫力が満ち満ちて、やがて凄絶な施術の中で秘密の愛を交わす男女。謎めきつつも明らかなやりとりに万感の想いを見て、振り返ってみればモノクロの画の中で、血の赤とメスの銀と肌の白さばかりが浮かび上がってくる気がする。
語り口もとてもよかった。文語体のほどよい硬さで地に足をつけつつ、香る夢と耽美をその目線のままに見せてくれている感じ。それでいて仰ぎ見ている気分にもなれたかも。心地よく美しかった。

レビュー投稿日
2019年4月28日
読了日
2019年4月28日
本棚登録日
2019年4月28日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『外科室』のレビューをもっとみる

『外科室』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『外科室』にむすびさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする