増補 日本語が亡びるとき: 英語の世紀の中で (ちくま文庫)

3.94
  • (19)
  • (19)
  • (9)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 306
レビュー : 31
著者 :
wanagayaさん  未設定  読み終わった 

言語、普遍語、現地語、国語の歴史・国ごとの違いそして日本が今後どうやって英語と日本語の共存を考えていくかまとめた一冊。

英語との併用は大いに考えるところ。
二か国語の取得は難しいと言われているけれども、それを再確認させてくれる。
その中での国語の重要性そして英語に関してはバイリンガルは特定の人でいいという提案。

面白かったです

レビュー投稿日
2018年12月16日
読了日
2018年12月16日
本棚登録日
2018年12月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『増補 日本語が亡びるとき: 英語の世紀の...』のレビューをもっとみる

『増補 日本語が亡びるとき: 英語の世紀の中で (ちくま文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『増補 日本語が亡びるとき: 英語の世紀の中で (ちくま文庫)』にwanagayaさんがつけたタグ

ツイートする