ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250

3.46
  • (16)
  • (47)
  • (49)
  • (12)
  • (4)
本棚登録 : 740
レビュー : 47
著者 :
山葵さん その他   読み終わった 

思うに文具好きというものは、多かれ少なかれライフハックに興味を持っている。
私はビジネス書を(たくさん)読むことを良しとしないが、「ライフハック」と言われると心が動く。ライフハックは文具ととても相性がいいのだ。大変な仕事を、日常を、自分の好きな文具や道具を使ってスマートにこなす、大変なことを少しでも幸せな気分で行う、やりたいことを叶える・・・それは「ビジネス的な成功」を目指すのではなく、あくまでも自分の生活を豊かにするもの。

著者は文具好きな人なら一度はその名前を目にしたことがあるかもしれない。様々なライフハックを紹介するサイトを運営されており、またモレスキン関連の本も書かれている。
そういう点からも、文具好きな人には特にオススメしたい本だ。


文具が好きな私は、知らず知らずのうちに手帳術やノート術の本を通して、一種のライフハックに触れてきた。そうして、自分でもやってみようとあがく中で気がついたことが一つある。
「ライフハックは自分の習慣にしてしまわなければ意味がない」ということだ。
いくらいくつものライフハックを知っていても、それを実行に移さなければまったく意味がない。
ではなぜ、実践するのが難しいのか。
時間を切り詰め、細切れの時間をフルに使って仕事または勉強をして結果を出す、その合間に身体をケアし、規則正しい生活を送る・・・といった超人のような生活をすることは私にはできないからだ。いや、正確にはそんな生活を目指したくないからだ。
私が知りたいのは、ほんの少し生活を楽しくするライフハック。
気軽に取り組めて、もしかしたらなんらかの結果が出るかもしれないような小さなヒント。

この本では、モレスキンを使ったユビキタス・キャプチャーはもちろん、情報カードを使った知識の整理方法、各種todoリストの管理方法など文具を使ったライフハック、アプリやデジタル機械を使ったライフハック、時間の捻出の仕方など、なんと250のライフハックが紹介されている。

一つ一つはあまり難しくなく、しかも自分の生活や目的にあったものだけを選び出してヒントにすればよい。
今は必要ないと思われるライフハックでも、数年後にまた読み返せば新たな発見があるかもしれない。
生活を劇的に変えるわけではないが、習慣をほんの少し変えることで未来の流れを変えてみよう、そんな楽な気分で取り組めるライフハックが多いのがよい点だ。

250のライフハックを習得する必要はない。
この中から、いくつかのワクワクするようなライフハックを見つけ出し、それを習慣にすることができれば、それだけでも人生は楽しい方向に変わるだろう。

せっかく年があけたので、私も新たな習慣づくりをやってみたいと思う。

レビュー投稿日
2018年1月2日
読了日
2018年1月2日
本棚登録日
2018年1月2日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ライフハック大全―――人生と仕事を変える...』のレビューをもっとみる

『ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

堀正岳の作品一覧

堀正岳の作品ランキング・新刊情報

ツイートする