東京大地震は必ず起きる (文春新書)

3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 4
著者 :
わっさんさん 2003年に読んだ本   読み終わった 

2003年9月20日(土)午後12時55分過ぎ、昼寝の半覚醒状態を突然強い揺れが襲う。朦朧とした意識の中で、ついに来た。もうおしまいだと思いながら、窓を開け、机の下に潜り込む体制を取りつつ揺れが治まるのを待つ。比較的長い揺れだったが、震度4、震源は千葉東方沖。直下型ではなかった。
 週刊誌の見出しに、9月中旬に関東直下型地震が襲うなどと見かけたせいで、ナーバスになっていたため、本当にびびった。
 冷静になって考えてみれば、予知は東海、東南海、南海地震などの海溝型の地震では、研究が進められているものの、直下型については予測不能が常識である。そう考えると、富士山大爆発並みの眉唾なのに、思い込みとは怖いものである。
 本書は、少なくとも今後発生するだろう関東直下型地震を迎えるに当たっての実践的方策が書かれている。

レビュー投稿日
2011年9月3日
読了日
2003年9月23日
本棚登録日
2011年9月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『東京大地震は必ず起きる (文春新書)』のレビューをもっとみる

『東京大地震は必ず起きる (文春新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『東京大地震は必ず起きる (文春新書)』にわっさんさんがつけたタグ

ツイートする