エロマンガ先生 (3) 妹と妖精の島 (電撃文庫)

3.83
  • (17)
  • (33)
  • (22)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 270
レビュー : 24
著者 :
制作 : かんざき ひろ 
こやさん ラノベ・ノベライズ   読み終わった 

ラノベ天下一武闘会にて上位三人の文庫化決定。
その打ち上げを和泉家でやることに。
メンバーは正宗、沙霧、エルフ、ムラマサ先輩、新人ラノベ作家シドー君。
お祭りの屋台風に色々それっぽものを用意して。

流れで南の島に合宿へ行く事になった一行。
沙霧を残してエルフの家族の所有する島へ2泊3日。
スカイプで沙霧と繋がってはいるが。
そこで待っていたのはエルフの兄クリス。
エルフの担当編集。

クリスと露天風呂でプロポーズされるところを見られ
シドー君にホモ疑惑を持たれる政宗。
が、エルフの事だったり。
海で皆で遊んだり、エルフから誘われてホタルの舞う森にて
逆プロポーズされかけたり。
エルフの本名が エミリー だとわかる。
エルフの過去話少しあり。
ムラマサ先輩が小説をやめると言い出したり。
シドー君は酒癖が悪かったり。

無事に合宿から帰る正宗を待ってたのは沙霧。
新刊出版後、帰ってくると沙霧が玄関まで出迎えて。
これは考えられないような事らしく。
発売後、沙霧の部屋でエルフとムラマサがツイスターゲーム。
実は南の島に正宗が行く事を承諾する代わりに沙霧が出した条件だった。
ゲームとはいえ、指示を出すのは沙霧。
そこへ。
ネット配信中の中断。
そして偽エロマンガ先生登場。

レビュー投稿日
2016年10月23日
読了日
2016年10月23日
本棚登録日
2016年10月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『エロマンガ先生 (3) 妹と妖精の島 (...』のレビューをもっとみる

『エロマンガ先生 (3) 妹と妖精の島 (電撃文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『エロマンガ先生 (3) 妹と妖精の島 (電撃文庫)』にこやさんがつけたタグ

ツイートする