新装版 竜馬がゆく (6) (文春文庫)

4.10
  • (823)
  • (456)
  • (594)
  • (13)
  • (4)
本棚登録 : 4699
レビュー : 213
著者 :
カモノハシさん 歴史   読み終わった 

竜馬がゆくは1巻から5巻までは特にレビューは書いていませんでした。
とても面白く、夢中になって読んでいるので8巻読み終わってから
最後にまとめ的なレビューを書こうと思っていたのですが
この6巻はかの有名な薩長同盟を締結させた部分であり
そこの描写があまりに心に響いたのでレビューを書いています。

竜馬が奔走し締結直前まで進んだ薩長同盟。
最後の最後のところでまだ小さなわだかまりやプライドで
なかなか決断しない薩長それぞれの代表に対して
竜馬が放つ叫びに心震わされました。

そしてようやく薩長同盟が成った夜の寺田屋での襲撃事件。
あまりに怒涛な展開で時間の経つのも忘れて読み耽ってしまいました。

レビュー投稿日
2018年6月21日
読了日
2018年6月14日
本棚登録日
2018年6月10日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新装版 竜馬がゆく (6) (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『新装版 竜馬がゆく (6) (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする