救世の法―信仰と未来社会 (OR books)

4.71
  • (13)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 6
著者 :
カモノハシさん  未設定  読み終わった 

信仰の重要性について説かれた本。
いわゆる死後の世界であるあの世があるか無いか2択であり、
もし「ある」と信じて実際にあった場合にはもちろん
死んだ後も問題ないし、無かった場合はどうせあの世が無いのだから問題無し、
ただもし「ない」と信じていたにもかかわらずあった場合には
大変なことになる。
だからあると信じた方が失うものは何もなくてよい
という理論は結構好きです。

ただ、あると信じて実際に無かった場合、あると信じて
色々と投資したものは無駄になるから全く失うものが
無いわけではないのですが、
そんなことを考えてしまう自分に嫌気がさします。

とにかく大いなるものを信じようとそんな風に
思わせてくれる本でした。

レビュー投稿日
2018年9月2日
読了日
2018年8月29日
本棚登録日
2018年8月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『救世の法―信仰と未来社会 (OR boo...』のレビューをもっとみる

『救世の法―信仰と未来社会 (OR books)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする