東洋の理想 (講談社学術文庫)

3.40
  • (6)
  • (7)
  • (17)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 199
レビュー : 11
著者 :
watashinohonさん  未設定  未設定

「アジアは一つである」という有名な一文から始まる、岡倉天心作の日本文化論。読者の側に、一定の教養を要求される。その意味では、私個人はまだ読者足りうる資格を有していないと痛感。
それにしても、今から150年前にこれだけの国際感覚、深い教養を備え、その上に日本人としての自尊心を兼ね備えている人物が存在していたことには脱帽としかいいようがない。もっと教養をつみ、自分を研鑽していかなければ、と発破をかけてくれる一冊でもある。

レビュー投稿日
2011年1月10日
本棚登録日
2011年1月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『東洋の理想 (講談社学術文庫)』のレビューをもっとみる

『東洋の理想 (講談社学術文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする