王妃の帰還

3.76
  • (82)
  • (198)
  • (152)
  • (16)
  • (2)
本棚登録 : 1078
レビュー : 192
著者 :
ゆきちさん 文芸   読み終わった 

ミッション系お嬢様学校に通う範子には、いつもツルんでいる仲間が3人いる。地味な彼女たちはクラス内では下位のグループで、その対極とも言える華やかな最上位集団は「姫グループ」と呼ばれ一目置かれている。そしてそのリーダーは、範子が密かに「王妃」と呼ぶ、誰もが目を奪われる美少女。
ところがある日突然王妃は「姫グループ」から追放され、なんと範子たちのグループに転がり込んでしまう。
城を追い出され市井の民衆に混じってもなお傲慢な態度を崩そうとしない王妃を元の場所へ帰還させるべく、範子たちは立ち上がる。

自意識が芽生えたての女子中学生たちは残酷だ。でもそんな中で良心を見失うまいとする範子たち「地味グループ」。登場人物が大人も子供もみんな魅力的で、読後感の爽やかなことといったら!
映画化されてもよさそうな面白さだった。

レビュー投稿日
2013年6月29日
読了日
2013年6月29日
本棚登録日
2013年6月29日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『王妃の帰還』のレビューをもっとみる

『王妃の帰還』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする