ロートレック荘事件 (新潮文庫)

3.43
  • (163)
  • (409)
  • (578)
  • (125)
  • (27)
本棚登録 : 3257
レビュー : 413
著者 :
wavesさん 文芸   読み終わった 

破天荒なSFからスタートして後年には文学を目指した筒井康隆。そのこと自体には毀誉褒貶があるけれど、この本については彼の文章技巧が冴え渡り、最後に爽やかな読後感を残す。伏線は様々に張られている。しかし気づかない。人の思い込みを上手に活用して、我々を手玉に取っているのだ。

避暑地の別荘に新進気鋭の画家を巡って三人の令嬢の思惑が交錯し・・・という舞台設定はアガサ・クリスティ以来のミステリーの伝統を踏まえており、時代設定が1990年前後でありながら古色蒼然としたやりとりが展開されるあたりも何かのオマージュか、と楽しめる。そこに虚飾や劣情といった毒が回ってきてこその筒井文学なのだが、その辺も次第に明らかになってくる。

加えて、背景小道具の一つに過ぎないにもかかわらず、ロートレックの絵をふんだんにあしらう贅沢さには当時の筒井康隆の人気が偲ばれる。断筆宣言なんてする必要あったのか、と思い起こしても詮方ないのだけど。

レビュー投稿日
2017年5月3日
読了日
2017年5月3日
本棚登録日
2017年5月3日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ロートレック荘事件 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『ロートレック荘事件 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする