14歳からの哲学 考えるための教科書

3.66
  • (239)
  • (192)
  • (366)
  • (54)
  • (19)
本棚登録 : 2773
レビュー : 304
著者 :
うぇるくさん 思想・哲学   読み終わった 

 池田晶子さんが書いた『14歳の君へ』という本がどちらかというと池田さんの考えた結論に近いものだとすれば,こちらの『14歳からの哲学』という本は,その考える過程を書いている本であると感じました。そのため,読みやすさでいえば,『14歳の君へ』の方が読みやすいかな。けど,考えるという点では『14歳からの哲学』の方が考えさせられるな,と思いました。
 読んでみると,普段分かっているつもりのことが実は分かっていなかったということに気づかされます。分からないことについて考えることの大切さを伝える本です。
 「当たり前」のことが本当に当たり前なのか,人生で必ず一度は考えたことのありそうなことについて,深く掘り下げて考えることのきっかけを与えてくれました。

レビュー投稿日
2017年5月26日
読了日
2017年5月26日
本棚登録日
2015年9月14日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『14歳からの哲学 考えるための教科書』のレビューをもっとみる

『14歳からの哲学 考えるための教科書』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする