政治家はなぜ「粛々」を好むのか―漢字の擬態語あれこれ (新潮選書)

3.75
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 5
著者 :
westantennaさん 未所有   読み終わった 

図書館で。 副題の『漢字の擬態語あれこれ』の方が、本書の性格をよく表していると思う。「堂々」「丁寧」「揶揄」……等々、節ごとに一つ漢字の擬態語を取り上げ、古典での用例を紹介し、現代の用例との違いを指摘する、といった構成。 2000年も前に中国大陸で使われていた単語を、意味は若干違うがそれでも私たちは使っている。その事実は大変興味深い。 くどく言う気はしないが、「ホントかな?」って思う記述とか論の進め方が、無いわけではなかった。

レビュー投稿日
2015年8月6日
読了日
2015年8月6日
本棚登録日
2015年8月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『政治家はなぜ「粛々」を好むのか―漢字の擬...』のレビューをもっとみる

『政治家はなぜ「粛々」を好むのか―漢字の擬態語あれこれ (新潮選書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『政治家はなぜ「粛々」を好むのか―漢字の擬態語あれこれ (新潮選書)』にwestantennaさんがつけたタグ

ツイートする