姑は外国人 (単行本)

著者 :
  • 角川書店 (2013年8月28日発売)
2.93
  • (0)
  • (2)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 38
感想 : 5
4

お姑さんのキャラがいちいち濃くておもしろかった。
おっかない嫁姑関係を想像していたけど、この一家の話はむしろ微笑ましくてある意味理想の関係かも。
カナダと日本の子育て文化や風習の違いも分かって、特に職場にプライベートの電話をかけることが許されている環境がうらやましく感じた。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: コミックエッセイ
感想投稿日 : 2013年10月9日
読了日 : 2013年10月9日
本棚登録日 : 2013年10月8日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする