最後の冒険家 (集英社文庫)

4.07
  • (34)
  • (48)
  • (17)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 309
レビュー : 41
著者 :
たにぐちさん  未設定  読み終わった 

2008年気球での太平洋横断に挑戦し、気球ともども行方不明になった神田道夫。第一回目の太平洋横断に共に気球に乗り込んだ石川直樹が、その神田の気球に対する冒険をドキュメンタリーとして記した本。この世界にはもう新たな空白はどこにもなくなってしまった。未踏の地はどこにもない。だとすれば冒険とはどうすれば冒険と言えるのか、冒険家とはどのような人を言うのか。それを考えると題名の「最後の冒険家」が心にしみる。

レビュー投稿日
2017年2月5日
読了日
2015年9月2日
本棚登録日
2017年2月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『最後の冒険家 (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『最後の冒険家 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする