製薬・医療産業の未来戦略―新たなビジネスモデルの探求

3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 1
white-boardさん 企画的な業務   未設定

 サラリーマンをしていると、たまにビジネスモデルを類別したり、サラッと書いたりする流儀、様式が必要になることがある。そんなときに参考書はあまり無い。一般論では語れないのかもしれない。でも誰かが書いているのをとりあえず見たかった。真似事がしたくなった。

 これが本書購読の動機だった。

 本当に難しい領域にチャレンジされている。敬意を表します。

 本書は2つの様式を例解してくれている。
 そのビジネスの置かれている位置を顕わして、そのモデルの中身を要約しようとしている。
 位置は4×3のセルのどこに位置するか、という書き方だ。コンテンツ−プラットフォーム−インフラという縦軸と企業→卸→病院→薬局というSCMを横軸にして類別している。
 モデルの中身を要約するときの書式もある。戦略モデル、オペレーションモデル、利益モデルという3つの観点だ。戦略モデルは顧客−機能−製品−魅力−資源−前提という要素から成るようだ。

 類別や要約は要するに、何を言うのか、というメッセージに拠るのだなあ。一般論というのは無いのだ、という気がしてきた。

レビュー投稿日
2009年9月4日
本棚登録日
2009年9月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『製薬・医療産業の未来戦略―新たなビジネス...』のレビューをもっとみる

『製薬・医療産業の未来戦略―新たなビジネスモデルの探求』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする