体制維新――大阪都 (文春新書)

3.87
  • (128)
  • (293)
  • (149)
  • (22)
  • (5)
本棚登録 : 1413
レビュー : 275
whiteprizmさん 社会   読み終わった 

二重行政。
大阪府と大阪市。大阪市は基礎自治体にしては大きすぎる。それぞれの区長が役人なので、主体的な決定ができない。そして広域自治体としては大阪市だけでは視野が狭すぎる。なので、「大坂都」構想。
成長戦略を国が作る時代では無くなってきた。日本には少なくとも東京の他にもう一つ大きなエンジンが必要だ。
人事を変え、経営を変えても駄目なら体制を変えねばならない。納得。

レビュー投稿日
2012年12月20日
読了日
2012年12月20日
本棚登録日
2012年12月20日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『体制維新――大阪都 (文春新書)』のレビューをもっとみる

『体制維新――大阪都 (文春新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする