雷の季節の終わりに

3.76
  • (112)
  • (202)
  • (189)
  • (20)
  • (3)
本棚登録 : 905
レビュー : 197
著者 :
wisteriaさん  恒川光太郎   読み終わった 

現世から隠れて存在する小さな町・穏で暮らす少年・賢也。彼にはかつて一緒に暮らしていた姉がいた。しかし、姉はある年の雷の季節に行方不明になってしまう。姉の失踪と同時に、賢也は「風わいわい」という物の怪に取り憑かれる。風わいわいは姉を失った賢也を励ましてくれたが、穏では「風わいわい憑き」は忌み嫌われるため、賢也はその存在を隠し続けていた。賢也の穏での生活は、突然に断ち切られる。ある秘密を知ってしまった賢也は、穏を追われる羽目になったのだ。風わいわいと共に穏を出た賢也を待ち受けていたものは―?透明感あふれる筆致と、読者の魂をつかむ圧倒的な描写力。『夜市』で第12回日本ホラー小説大賞を受賞した恒川光太郎、待望の受賞第一作。
(BOOKデータベースより)

レビュー投稿日
2010年10月14日
読了日
2010年8月22日
本棚登録日
2010年10月14日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『雷の季節の終わりに』のレビューをもっとみる

『雷の季節の終わりに』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『雷の季節の終わりに』にwisteriaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする