紅 (百年文庫)

3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 6
花鳥風月さん アンソロジー   読み終わった 

百年文庫7冊目は「紅」

収録は
若杉鳥子「帰郷」
素木しづ「三十三の死」
大田洋子「残醜点々」

いずれも初めて読む作家。どの作品も飾り気のない語りで、困難に立ち向かう人達の様子が読んでいるこちらへ迫ってくる。

芸妓置屋である養家へ久しぶり戻った時のことを描く「帰郷」。義足となった自身の足を見つめる「三十三の死」。広島で被爆をした家族の生き抜く様が描かれる「残醜点々」。

終戦記念日に近い日に「残醜点々」に出くわしたのは偶然というかなんというか。読んでいて何も言えなくなる。次にこの苦痛を生み出さないように、よく覚えておこうと思う。

レビュー投稿日
2012年8月19日
読了日
2012年8月19日
本棚登録日
2012年8月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『紅 (百年文庫)』のレビューをもっとみる

『紅 (百年文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『紅 (百年文庫)』に花鳥風月さんがつけたタグ

ツイートする