島はぼくらと

4.02
  • (468)
  • (659)
  • (330)
  • (45)
  • (5)
本棚登録 : 3770
レビュー : 591
著者 :
制作 : 五十嵐 大介 
winghighbridgeさん  未設定  読み終わった 

何度か手にして、その度に棚に戻し続けた辻村作品。50のオッさんが読むには眩しすぎる表紙。ついに読了。
正直、読みにくかった。登場人物の設定が自分の中でうまく確立できず、朱里(あかり)を最後まで、しゅり、と発音したり、他にも色々思い起こすと作者には、とっても失礼な読み方をしてしまった気がする。
でも、高校生の瑞々しさをただ描いた作品じゃなく、色々絡み合う、やはり素敵な展開に、読後満足感は十分。もう少し彼女の作品、読んでいいかな?

レビュー投稿日
2019年7月12日
読了日
2019年7月12日
本棚登録日
2019年7月12日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『島はぼくらと』のレビューをもっとみる

『島はぼくらと』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする