悪意 (講談社文庫)

3.60
  • (975)
  • (1842)
  • (2536)
  • (268)
  • (50)
本棚登録 : 14448
レビュー : 1404
著者 :
Hikariさん 小説(日本)   読み終わった 

★2013年12月22日

加賀恭一郎のもと同僚教師が登場する。
人の悪意とはこういうものなのだなぁと思わされる。

それにつけても、「書いてあるもの」に対して、人がどれだけ信頼を寄せやすいかを思い知らされる。
なんとも後味の悪い一作だ。

レビュー投稿日
2013年12月23日
読了日
2013年12月22日
本棚登録日
2013年12月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『悪意 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『悪意 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『悪意 (講談社文庫)』にHikariさんがつけたタグ

ツイートする