架空通貨 (講談社文庫)

3.39
  • (70)
  • (224)
  • (341)
  • (66)
  • (10)
本棚登録 : 1822
レビュー : 185
著者 :
Hikariさん 小説(日本)   読み終わった 

亜鉛の街の描写が本当に暗くて重く、読んでいてスッキリ晴れることがない。問題は紆余曲折の末に真相が究明され、解決に向かうが、それもスッキリしない。だいたい人生とはそうそうスッキリするものでもないと思うが、ここまでの事件が起きながら、スッキリ解決しないと、エンターテイメントとしては受け入れがたい気持ちになる。
ついでにいうなら、高校教師はいくら生徒が大切でも、こういう行動はしないものです。

レビュー投稿日
2013年11月2日
読了日
2013年11月1日
本棚登録日
2013年11月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『架空通貨 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『架空通貨 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『架空通貨 (講談社文庫)』にHikariさんがつけたタグ

ツイートする